ドローン操縦資格と飛行時間の証明方法:基本から応用まで解説

DJI CAMPやドローンビジネスベーシックの受講に必要な、飛行時間の10時間の証明はどうしたらいいですか?

ドローン操縦資格をお持ちの方は操縦資格を提示して頂くか、DJIのドローンで飛行時間が10時間の場合は、
アプリの飛行時間の提示をお願いします。10時間の飛行経験のない方には基本操縦10時間講習もございます。

ドローンの市場は拡大を続けており、趣味の範囲から商業利用までその利用シーンは多岐にわたります。

特に、プロとしてドローンを操縦する場合、適切な資格と飛行経験の証明が必要になります。

ドローン操縦資格を持つ方が飛行時間の証明をどのように行えば良いのか、また、10時間の飛行経験がない方がどのようにして基本操縦講習を受けることができるのかを詳しく解説します。

ドローン操縦資格とは?

ドローン操縦資格とは、ドローンを安全に操作するための技術と知識を有していることを証明する資格です。

日本では、無人航空機操縦士技能証明(ドローン国家資格)や、民間資格としてのドローンスクールの修了証などがあります。これらの資格は、ドローンをで利用する際に、法令遵守と安全管理の能力を保証する重要なものです。

無人航空機操縦者技能証明書
出典:国土交通省

飛行時間の証明方法

飛行時間の証明は、ドローンで特定飛行を行う際に、操縦技術及び経験の証明として非常に重要です。

以下に、飛行時間の証明方法を紹介します。

  1. 操縦資格を持つ方

    操縦資格を持っている場合、その資格証を提示することで、一定の飛行技術があることが認められます。
  2. DJIドローンを使用している場合

    DJIドローンのユーザーであれば、DJIの専用アプリを利用して飛行時間を管理及び証明することができます。

    アプリには飛行ログが自動的に記録され、累計飛行時間を簡単に確認することが可能です。

    これを公式の証明として利用する際は、アプリ内の飛行時間のスクリーンショットを取るなどの方法があります。
ドローンビジネスベーシック認定証
ドローンビジネスベーシック認定証

飛行経験が不足している方のための基本操縦講習

10時間の飛行経験がない方には、基本操縦10時間講習の受講を推奨しています。

この講習は、ドローンの基本操作を、初心者でも安心して学べる内容が整っています。

講習を受けることで、DJI CAMPやドローンビジネスベーシックの受講条件を満たすことが可能になります。
DJI CAMP
ドローンビジネスベーシック

まとめ

ドローンを操縦する上で、資格の取得と飛行時間の証明は非常に重要です。

資格があることで、技術的な信頼性が担保され、飛行時間の証明によってその経験が証明されます。

これらは、ドローンを安全に、かつ効率的に運用するために不可欠な要素です。

ドローン操縦者としてのキャリアを積むためには、これらのステップを確実にクリアしていくことが求められます。

ドローン技術の進展と共に、操縦者に求められるスキルも高まっており、適切な訓練と認証がその能力を証明する手段となっています。

この記事を書いた人

ドローンスクール千葉TBTは千葉県千葉市にあるドローンスクールです。ドローンの民間資格や国家資格の講習を行っています!

【ドローン関連の保有資格】
・無人航空機操縦技士(ドローン国家資格) ・JUIDA
・DJI CAMPスペシャリスト ・ドローンビジネストレーナー
・第三級陸上特殊無線技士 ・・第四級アマチュア無線技士

目次