ドローン操縦資格の受講年齢は?国家資格と民間資格の違いを解説

ドローン操縦資格の受講年齢や国家資格と民間資格の違いがわからないという人は多いのではないでしょうか。

ドローンの普及とともに、ドローン操縦士の需要も急増しており、安全に飛行させるためには、操縦資格が必須です。

日本では、国家資格と民間資格の二種類がありますが、それぞれに受講条件や資格取得のための年齢制限があります。

この記事でわかること
  • ドローン操縦資格の受講に年齢制限はある
  • 国家資格は16歳から受講できる
  • ドローンスクール千葉TBTの民間資格は高校生から受講が可能
    ※未成年の方は保護者の同意書が必要です

本記事では、国家資格と民間資格の違いや、受講年齢について詳細に解説します。初心者からスキルアップを目指す方まで、知っておくべき重要な情報を提供します。

国家資格および民間資格の受講年齢について詳しく解説します。さらに、未成年者の方が受講する場合の手続きについても説明します。

目次

ドローン操縦資格の国家資格および民間資格の受講年齢

ドローン操縦資格には、国家資格と民間資格の二種類があります。

それぞれの資格には、受講年齢に関する異なる規定があります。ここでは、それぞれの資格の具体的な内容と受講年齢について詳しく説明します。

国家資格の受講年齢

ドローンの国家資格である「無人航空機操縦士」は、国土交通省が認証する資格で、受講年齢は「16歳以上」と定められています。ただし、未成年者の場合は保護者の同意書が必要です。

出典:無人航空機操縦士試験

主に商業利用や専門的な業務に必要とされます。

無人航空機操縦士の資格は、ドローンを利用して業務を行う際に必要となるため、商業ドローンパイロットや公共サービスの業務など、幅広い分野で役立ちます。

無人航空機操縦者技能証明書
出典:国土交通省

特に、インフラ点検や測量、農業、映像制作などの専門的な分野では、国が認証する資格を持っていることが信頼性の証となります。

さらに、国家資格の取得には特定の訓練機関での実技訓練が必須であり、そのための講習時間も規定されています。

これにより、操縦技術だけでなく、安全管理や法律の知識も身に付けることができます。

ドローンスクール千葉TBTの場合、国家資格は16歳以上から受講することが可能です。ただし、未成年者の場合も保護者の同意書が必要です。

民間資格の受講年齢

ドローンの民間資格の受講年齢は、主に「16歳以上」とされています。業界全体で見ると、16歳またはそれ以上であれば多くの講習を受講することが可能です。

民間資格には柔軟な受講年齢規定があります。代表的な民間資格には、DJIの「DJIスペシャリスト認定プログラム」や日本ドローン協会の「JUIDA認定スクール」があります。

ドローンビジネスベーシック認定証見本
ドローンビジネスベーシック認定証見本

ただし、一部の資格については異なる年齢制限があるため、事前に確認することが重要です。また、未成年者が受講する場合、保護者の同意が必要となるケースが一般的です。

民間資格は、趣味でのドローン操縦者や商業利用を考えているが国家資格までは必要としない方にとって非常に役立ちます。また、資格を取得することで自分のスキルを証明できるため、業務での信頼度が高まります。

ドローンスクール千葉TBTの場合、民間資格は高校生から受講することが可能です。ただし、未成年者の場合も保護者の同意書が必要です。

民間資格の取得はドローンの基礎知識や関連法規を正しく学べ、飛行申請時に申請項目を一部省略できます。

また、民間資格を取得すると国家資格の受講費用が大幅に安くなります。

まとめ

ドローン操縦資格を取得することで、多くの新しい可能性が開けます。国家資格と民間資格の違いを理解し、自分の目的に合った資格を選ぶことが重要です。資格取得後には、多様な業務で信頼性と技術力を発揮し、安全で効率的なドローン運用を目指しましょう。

国家資格の受講には年齢制限はありますが、民間資格は資格により年齢制限は異なります。

未成年者の方は保護者の同意書が必要となる場合がありますので、当スクールで受講を希望する場合はお問合せくださいませ。

ドローンスクール千葉TBTでは、ドローンの民間資格や国家資格が受講できます。

3500平米の広大な屋外スペースでの「無料体験会」にぜひお越しください。

ドローンスクール千葉TBT | 千葉県千葉市にあるドローンスクール

この記事を書いた人

ドローンスクール千葉TBTは千葉県千葉市にあるドローンスクールです。ドローンの民間資格や国家資格の講習を行っています!

【ドローン関連の保有資格】
・無人航空機操縦技士(ドローン国家資格) ・JUIDA
・DJI CAMPスペシャリスト ・ドローンビジネストレーナー
・第三級陸上特殊無線技士 ・・第四級アマチュア無線技士

目次